MBA取得を狙う君たちへ

実際に受験準備を始めるとすぐに気付きますが、MBA受験は驚くほど予備校やネットで入手した理想的な計画通りには進みません。MBA受験で苦労し合格した私だから伝えられる、志望校合格のための秘訣(何をやればいいのか?何はやらなくていいのか?)をご紹介します!

【お問い合わせ回答】インタビュー前から懇親会に呼ばれたら行くべきですか?

【お問い合わせ回答】インタビュー前から懇親会に呼ばれたら行くべきですか?

インタビューのお知らせの時点で、夜の卒業生との懇親会に呼ばれるケースもあります。気がのらない場合には、丁寧にお断りしてもいいのでしょうか?

annoying

結論は、やはり何があっても行くべきでしょう。

 

 

 

MBA取得を目指すサイト読者の方から問い合わせを頂きましたので、こちらでも回答しますね。(初メッセージありがとうございました!)

 

インタビュー前に呼ばれるのは(推測ですが)2パターンあるようです。

 

 

1) 有力な人達をまとめて呼んでいるケース

この場合には、卒業生とのやりとりも評価基準に含まれていると見るべきでしょう。さすがに事前に練習出来るものではないのですが、必ず参加し、気を抜かずに全力でAdmissionと卒業生にアピールする必要があるはずです。

 

 

 

2) 合格濃厚な人だけに声をかけているケース

このケースは(インタビューを大失敗しない限り)合格が決まっているケースです。

そのため前のパターンよりも気持ちがずっと楽になりますが(気を抜きすぎてグデングデンになってしまうのは論外です)よほどの事情がない限り、欠席するのはリスキーです。

(このケースの場合には、懇親会に行って無難に過ごせば合格するところまで来ていますので)こんなところで欠席リスクを取るのは費用対効果で割にあわないはずです。

 

 

 

懇親会へ招待されたラッキーな方は(どちらのケースにせよ)他の受験者よりは上位にランクしている証だと思いますので、是非 夜の会にも参加して、卒業生とAdmissionの本音を引き出す場として活用してみてください。

 

 

あわせて以下の記事も御覧ください。

インタビューに呼ばれる順番には意図がある?

【お問い合わせ回答】GMAT全滅 ⇒ 志望校断念!?

【お問い合わせ回答】MBA取得のために利用できる奨学金一覧はこれ!

【お問い合わせ回答】社費・公費留学の組織内選抜を勝ち抜くために

 

Return Top